SEOマスターは検索エンジンのアルゴリズム変更に対応してサイトを修正できる

SEO対策は、常に変化します。そのため、かつては効果のあった対策がペナルティになることもあるのがやっかい。新しい情報をアップデートして検索エンジンのアルゴリズム変更に対処しなければいけません。

作業してみると想像以上に大変。グーグルのアルゴリズム変更に対して後手をふむことになったり、有効なタグ作成方法やHTML修正など具体策は公表されないため手探りの修正を余儀なくされます。

解決方法は?ウェブサイトを検索エンジンのルールに従い簡単修正できる「SEOマスターProfessional」を使うこと。

ウェブ制作やWebマーケティングを業務とする会社や個人の方に推薦できるツールです。

SEOマスターProfessionalとは

操作は簡単。調べたいURLと希望キーワードを入力するだけ。内部対策を表示してくれます。

SEOの診断項目を100以上の内部要因から分析。

  • タイトルタグ内のキーワード数
  • H2タグ内の要素や数
  • 単一キーワードの出現率
  • リンク切れチェック
  • メタキーワードの分析

他にも多くの要因から分析してくれるので、概念ではなく具体的な修正方法を知ることができます。このソフトを使えば、SEO対策をする際に考えなければいけない「順位が下がったらどうしようか」「この方法で正しいのか」という悩みから解放されます。


10万ページ以上のウェブページから統計的に分析

SEOマスターの優れている点は、グーグルの公表するアルゴリズム情報だけで分析していないこと。

10万以上のウェブページをもとにして、検索順位との関連性を診断します。そのため実際に上位表示をしているウェブサイトが行っている施策をあなたの制作するサイトに取り入れることができるのです。

Webマーケティングを仕事にしている方は、最新の検索エンジン動向を追っかけるのに疲れていませんか?その点、SEOマスターは実際に効果のある施策を有効に活用できるのです。しかも購入した後も常に専用サーバーにアクセスして情報更新し続けるという優れたソフトウェア。

web担当者の悩みを解決する5つの機能紹介

通常、SEOの内部対策やチェックを依頼するとかなりのコンサルタントフィーが必要です。Webマーケティングに必要な5つの機能をSEOマスターは備えています。

チューニング機能

チューニング機能

一番、重要な検索エンジンのアルゴリズムに従って、HTMLを編集できます。しかもページポテンシャル機能では対象キーワードで上位表示できるかどうかを示してくれます。

最新データに基づいてSEO診断と対策を行えますから自社サイトと顧客サイトの双方でアドバイスや修正を行えます。

アドバイス内容はHTMLとCSVで抽出。クライアントにレポート提出することもできます。

文章作成アシスト機能

文章作成をSEOマスターが助ける

内部施策で一番大切なのは、文章。これだけは、グーグルのアルゴリズムが進化すればするほど、重要さが増していく。

文章作成時には、関連キーワードを含めてロングテール効果を高めることがポイント。検索ユーザーが喜ぶ文章作りをする上でSEOマスターがアドバイスしてくれます。

キーワードの順位取得機能

毎日の検索順位をチェック

自社サイトや競合サイトの順位をチェックするツールは、Webマーケティングの必須アイテム。SEO対策を実施したら効果が出るまでにはタイムラグがある。

毎日、チェックしておかないと、いつ順位が上昇するか下落するかわかりません。データのCSV出力も可能ですから長期的推移の把握やクライアント企業にレポーティングするためにも利用できます。

競合比較

インターネット上には、競合サイトがたくさん。チェックするだけでも一苦労。その手間を省ける機能が競合比較。URLとキーワードを入力すれば対象サイトのライバルを分析。

比較はSEOで重要な、インデックス数・テーマ性・ドメインエイジ・文字量・ページランク・SNSへの露出度などで、ライバルのサイトパワーを確認して自社サイトの強化や対象キーワードの変更に活用。

ダッシュボード機能(追加オプション)

キーワード分析を追求するならば、ダッシュボード機能を活用しましょう。グーグルアナリティクスと連携して訪問者数・PV・滞在時間・直帰率から分析します。

そして、一番の機能がロスト&ニューキーワード。ページ更新をしていくとサイトの統一性が薄れて順位が下がるキーワードがでてきます。かといって、全てのロングテールキーワードを順位取得機能でチェックするのは大変。

ロスト&ニューワード機能

ダッシュボード機能は、直近30日の検索ユーザーアクセスから、増えたワードと減ったワードを表示。急にサイトアクセスが増えた時に理由を分析することもできれば、下がったキーワードを確認してページ追加・削除などのSEO対策を行えます。

ご興味をお持ちになったらSEOマスターの利用料金やお申込み方法をご確認ください。

このページの先頭へ