Googleプレイスに店舗や会社を登録し地図上に表示を目指そう

ウェブサイトを開設した後、店舗を持っていれば「Googleプレイス」に必ず登録しましょう。特に飲食店など地図との相性が良いサービスに重要なWebマーケティング施策です。登録すれば、Googleマップ上にあなたのお店が表示されやすくなります。

スマートフォンは、パソコンに比べて検索し難いために、Googleマップに絡めたマーケティングで来客や売上が変化します。

地名+店舗の業種でSEOを行うと効果は高い。それとほぼ同じ効果がある。

Googleプレイスのサービス

場所とサービス、店名の組み合わせで検索すると、条件に合ったあなたにおすすめのプレイスが見つかります。出典:グーグル

例えば、「銀座 鍼灸院」で検索してみた結果です。

グーグル・マップが表示される

右上にグーグル・マップ上に存在する鍼灸院がアルファベットとマーカーで表示。さらに、左側には具体的な鍼灸院名や住所・電話番号が表示されます。

検索したユーザーが、すぐに店舗に行きたい場合、住所やアクセス経路が重要になります。そこで、グーグルは地図と店舗の概要を連携させた「Googleプレイス」を重視しているのです。


お店を持っている方は登録必須

グーグルプレイスへの登録方法は、まず、公式URLへ進みます。

グーグルプレイスにアクセス:公式サイト

おみせのオーナーの方へ

おみせのオーナーの方へから、ガイダンスにしたがって必要項目を入力していきます。

あなたのお店をグーグルに掲載

ビジネス名・住所・電話番号などを入力し終えたら、一旦完了です。

ハガキや電話でオーナーであることを確認

情報を正しく入力した後に、実際に店舗などを保有しているのが登録者であることを確認するためにGoogleからハガキが届きます。

この住所確認により、店舗と関係の無い第三者が勝手に登録することや間違った住所登録を防止します。確認ハガキは1〜2週間ほどで届きます。

後は、届いたハガキの案内にしたがってPIN(暗証番号)の入力を行うと登録が完了となります。

登録後のGoogleプレイスは、営業時間など店舗の運営に関する情報を登録することが可能です。検索や地図上でお客様に見つけてもらった後に店舗を訪れてもらいやすいような情報を出していきましょう。

このページの先頭へ