作成したばかりのサイトでアクセスや売上が上がらない

ウェブサイトを作成したら、次々に問い合わせや購入が行われて、バンバン商品が売れる。

とお考えの社長および担当者の皆様。

サイトさえ作ればOKと、わくわくして、サイト制作を発注して完成したものの「こんなはずじゃなかった」と聞くことは多い。ウェブマーケティングに携わっていると製作会社に対する不満を聞くことは多い。でも、必ずしも製作会社だけが悪い訳ではありません。

サイトを作成すれば売上が上がるというのは幻想

売上が上がらないのは、大きく分けると2つの原因があります。

  • アクセスが伸びない。集客できていない。
  • 集客はできているが売上が伸びない

Webマーケティングは、集客を行い、最終的に売上を上げることがゴール。そのためには幾多の手順を踏んで改善を繰り返していかなければいけません。

いわゆるPDCAサイクルを回すことですね。

ラーメン屋さんを開いた⇒お客様が来ない⇒来てもリピーターにならない。という事例があれば、悪いところを発見して改善していきますよね。ウェブマーケティングも同じです。

もし、アクセスが少なければ、広告・PR・SEOなどを仕掛けて、サイトに顧客を呼び込みます。集客はできているが、売上は上がらないとなれば、キーワードの選定もしくはサイトに問題があります。その場合はサイトを改善していくこと。

そして、ウェブ制作会社は、制作を行うのが第一のしごと。もちろん、最近はサイト制作費用が下がりつつあり、制作だけでなくWebマーケティングを行う会社が増えています。

ただし、ウェブマーケティングは、言ってみれば営業です。たくさんの専門知識とツールを使って手作業を行う部分も多いため、かなりのコストがかかります。

その点について誤解があると発注主と制作側にズレが生じてしまいます。

このページの先頭へ