代表取締役社長・吉田文吾のご紹介

001

吉田 文吾

株式会社センターサークル 代表取締役社長
FP(2級ファイナンシャル・プランニング技能士)
ホームページプロデューサー

1971年生 京都府宇治市出身
英プレミアリーグのアーセナル、Jリーグの浦和レッズの大ファン。
野球はソフトバンクホークスの大ファン。

インターネットをもっと活用して、さらなる売上向上を目指しましょう!!
>>株式会社センターサークルからのご挨拶

■経歴

フジフューチャーズ株式会社にて新規開拓営業の経験を積む。

その後、1998年の外為改正法により取引が始まったFX(外国為替証拠金取引)事業部に参加し、FXについての事業運営を学ぶ。
(商品名:ローリングFX)

2002年1月にFXオンライントレードを主業務とするFXCMジャパンへと転職。
大平洋物産・FXCMジャパン・上田ハーローと三社のFX事業新規立ち上げを行う。

事業立ち上げ後はWebマーケティングを中心に担当。リスティング広告やSEOをはじめリアル媒体の広告などによりサービスの知名度向上・口座開設増加に尽力。

■職務経歴

◆2005年2月 ~ 2011年2月

会社名:上田ハーロー株式会社
[事業内容]金融商品取引業(FXオンライントレード)
【主な業務】
・事業立ち上げ
・ウェブサイトの企画運営
・Webマーケティング【広告宣伝・販促ツールの作成等】
・対外折衝
・情報面やツールの強化
・事業計画の作成と運営

※FXオンライントレード業務「上田ハーローFX」の新規事業立ち上げから運営
金融機関の為替市場(インターバンク)でブローカー業務を行っていた上田ハーロー株式会社でのFXビジネスの立ち上げから運営

◆2002年1月 ~ 2004年11月

会社名:株式会社FXCMジャパン
[事業内容]金融商品取引業(FXオンライントレード)
【主な業務】
・事業立ち上げ
・ウェブサイトの企画運営
・Webマーケティング【広告宣伝・販促ツールの作成等】
・対外折衝
・情報面やツールの強化
・事業計画の作成と運営

※米国のオンラインFX会社「FXCM社」のIB(取次業者)として設立されたベンチャー企業をプリンシパル(顧客と直接取引業者)化へと転換し運営を行いました。

米国で流行の兆しを見せていたFXオンライントレード会社「FXCM社」の取引システムを日本国内で顧客と直接取引を行う形式での導入及び運営
商品先物取引会社大平洋物産でのFX事業立ち上げにコンサルタントとして参加し、「FX-REAL」の立ち上げを行う

◆1994年4月 ~ 2001年12月

会社名:フジフューチャーズ株式会社
[事業内容]商品先物取引業
【主な業務】
商品先物取引業においてリテール営業に携わる。
1999年12月に、FX事業部に参加し、業務運営を学ぶ。

このページの先頭へ