SEO・リスティング広告に役立つユーザーの検索数を確認するためのキーワードツール

SEOに重要なのは、「キーワード選び」。上位表示を実現してもお客様の購買意欲が薄いとなかなか売上に結びつきません。複数のキーワードで上位表示できれば理想。しかし複数の上位表示は競合状態次第で難しいため言葉を選ぶことが必要。

サッカーの分野で考えると、主なビッグワードとしても「サッカー、Jリーグ、海外サッカー、スパイク、ユニフォーム、サッカー選手」などが思い浮かびます。この全てで上位表示しようと考えるよりSEOのメインとなるキーワードを選びサイトコンテンツと一致させていくことがWebマーえティングのコツ。

キーワード検索数を確認

候補となるワードを選び出すためのツールをご紹介

グーグルアドワーズのキーワードプランナー

クリック型広告のアドワーズの付属機能。検索エンジングーグルでの検索数や競合性を表示

●Webマーケティングで調査

キーワードプランナーでの結果

月間の平均検索ボリュームおよび競合性・アドワーズでの推奨入札単価が表示されます。

キーワードウォッチャー

クロスリスティングが運営するキーワード検索ツール。無料版は月20回、有料版は無制限でキーワード検索を行えます。SEOやリスティング広告を専門に利用する方は試してみてもいいかも。

実際に検索した例。結果をCSV出力できるのは便利ですね。関心ワードをサイトに設置することで、サイト訪問者の分析を行うこともできます。

検索キーワード例

 

実際に、キーワードを検索した結果。



もう一つ、類似したツールを。

あらまきじゃけ

北海道札幌市のSEOツール開発会社「株式会社ディーボ」が運営するサイト。検索順位別に検索数を調べることができるキーワード検索数調査・予測ツールです

●同じくWebマーケティングでの検索結果

結果をCSVファイルにダウンロードした内容。順位ごとの推定検索数や関連語を表示してくれます。

あらまきじゃけでの検索結果

この3つのツールで目標とする言葉が実際にどの程度、ユーザーに検索されているのかが判明。キーワードプランナーを利用すると候補となる別の言葉もアドバイスしてくれる。

このページの先頭へ